サイドビュー

フロントパネル錆止め塗装で完了

0

     フロントパネルとサイドメンバーの接続部をデブコンでシール、補修部を研き錆止め塗装してほぼ完了です。ついでにフロントグリルとの取り付け状態を確認してステーの修正をしておきました。
    腐食してボロボロだったメンバー周りがようやく新車時同様以上に仕上がりました。
    残すは左上側の切断したフレームの熔接だけです。あと一頑張りでフロント部が終わります。
    フロント部に着手してからほぼ3カ月です。


    フロントパネル下部接続補強板を熔接

    0

      ショップの山は 昨日に続き朝から雲中で霧雨が降り続きお客さんはキャンセルでお帰りです。
      てな訳でレストア開始です。左右のサイドフレームに取り付けてあるフロントパネル下部接続用の補強板を熔接してフレーム内部の焼けた部分にたっぷり錆止め塗料を吹き付けしました。

      フロントパネルとサイドメンバーの熔接

      0

        今日は朝から雨降りの為本業は開店休業。体験飛行の予約もオールキャンセルとなりました。
        その為一日レストアに専念出来ました。午前中はいろいろやり残し部を始末し午後から フロントパネルと左右サイドメンバーの熔接、スポット剥がし部の穴埋めが出来ました。

        フロントパネルリベット止メとインナーフェンダー補強板取り付け

        0

           昨日に引き続きフロントパネルリベット止メを行いました。残すはスポット熔接とサイドメンバーとのコーナー部の熔接です。夕刻よりインナーフェンダーストラット部の補強板をデブコン接着しながらリベットで取り付け完了です。

          フロントパネルのリベット止メ

          0

            フロントパネルを取り付けリベット止メ開始です。まずスポット熔接するために接合部をベルトサンダーで塗装を剥離し導電性塗料を塗布後定位置に固定あるだけのクランプと万力で固定。
            まずコナー部からリベット止メを開始し接合面を極力あわせながら4cm位の間隔でとめました。此処もリベットとリベット中間にスポット熔接出来る様にしておきました。

            左フェンダーとフロントパネル仮組み。問題点が噴出

            0

               今日はスクールが多忙のはずが朝からの予想外の雨降りに全てキャンセルになり閑古鳥が鳴き出す始末になってしまいました。お天気に左右される商売は辛いです。
              そのおかげで?いきなり時間が出来てしまったので急遽山麓のダイワボデーさんに行きスポット熔接面に塗布する導電性の塗料を分けて頂き左フェンダーとフレームに塗布後、左フェンダーとフロントパネルを仮組みし位置合わせの確認をしてみました。
              すると色々問題点が先ずフロントパネルとサイドメンバーの組み合わせ部が入らずフロントパネル下部の一部を切除しなければならなくなりなんとか入るようになったら今度は右側サイドメンバー先端部が当たりフロントパネルが1cm浮いた状態に、仕方がないので上側も切除してようやく定位置に収まりました。(二枚目写真)
              切除して開放されたフレームには上側がら塞ぐようです。42年前の車とは言えあまりにも個々のパネルやフレームの寸法、組み合わせ精度のいい加減さにはビックリです。他車から外したパネル等はそのままでは流用できませんね。それともS30初期型とUS240Zとでは寸法が違うとか?
              流用する所に合わせて加工する。レストアする上では当然の事なのかも。それにしても???です。
              どなたかこれに関する情報がありましたらコメントください。

              左側はそこそこパネル同士が合いましたが。


              右側はクランプの右上の通りロアーフレームの上側を切除してサイドパネルとの高さが合う始末。

              フロントパネルの錆止め塗装

              0

                 今日は錆止め塗装です。フレーム中側からバッチリ塗りました。
                このところフロントパネルの同じような写真ばかりで色気が無いので今日は丁度傍に咲いている紫陽花(アジサイ)をバックに塗装完成写真です。
                綺麗に塗ったフロントパネルが完全にアジサイに負けています。

                フロントパネルのブラスト完了

                0

                   梅雨の晴れ間を逃さずフロントパネルのブラストをしました。複雑な形状もあって表面積が意外に大きく丸一日掛け隅々まで錆、旧塗装の剥離は大変な作業となりました。マスクと防塵服でまさにサウナ風呂,エアー容量の関係で1回5分足らずのブラストで汗が吹き出てびっしょりです。ブラスト⇒休憩⇒土間コン上に飛散したアルミナを掃き集めポータブルブラストに補充⇒またブラストの繰り返しを一日中何回やった事でしょう。夏場には過酷な作業です。冬場にしましょうブラストは



                  フロントパネル下部補強板熔接

                  0

                     今日は一日雨が降り続きました。当然ながらパラグライダーは飛べず閑古鳥だけが鳴いています。
                    午後からフロントパネル下部補強板熔接しました。明日雨が降らなければサンダー掛けて錆止め塗装したいですね。

                    左接続板の制作

                    0

                       左側の補強板も同様に制作です。これでフロントパネルを上から落とし込める様になるので左右のサイドメンバーとインナーフェンダーパネルをボデー側に接続出来る様になりました。
                      牽引フックの取り付け穴が横とUS240Z縦で違っていますが致し方ありません、フックを補強プレートの押さえを兼ねて両側に付けちゃいましょうか?あって困る物ではないですから。