サイドビュー

アルフィンドラムのブラスト

0

     久々にレストア作業です。念の為スペアーパーツとして購入しておいたアルフィンドラムのブラストをして長期保管となるであろう事から防錆剤を塗布しときました。

    リアースタビライザー取り付け

    0

       リアースタビライザーの取り付け。本来ZLには装着されていませんでしたが強化スタビを取り付けました。ブッシュがウレタンなので堅く簡単には入らないのでジャッキで木端をあてがい下から押し上げてボディーに装着。次いでロアーアームに取り付けようと仮組したらナットをねじ込む余裕が全く無く、どうすりゃ良いのさ状態でしばし取り付け各部を観察。するとロアーアームの穴にブッシュの段差(挟みこむ所)の細くなっている外径が大きいため入っていません。同様にスタビライザーの取り付け穴にも入っていませんでした。そこでブッシュをグラインダーで研削して取り付け穴に入るようにして組み直ししたら見事にナットが喰いつく様になり締め付けることができました。
      やれやれ、リアー足周りの組み付け完了です。

      ブレーキパイプ配管接続

      0

        サイドブレーキを接続しロックプレートを叩きこみワイヤーリンケージの調整して完了。次いで ブレーキパイプを配管接続してリアーストラット周りの組み付けが完了でーす。



        リアーストラット、アームの取り付け

        0

          今日も山は強風、一日レストア日和でした。先ずサイドブレーキワイヤー固定ブラケットに付着している塗料をサンダー、リュウタ―で研削しロックプレートが挿入出来るように修正しにロックプレートを叩きこみ固定完了。次いで リアーストラットを取り付けウレタンブッシュにグリスを塗り取り付け様としたら何とブッシュの縁が厚い分(約3mm)アームが収まりませんブッシュを削ると縁が1mm位になり薄くなりすぎてしまうので仕方なくストラットのシャフトが入る方を両側サンダーで削りようやくアームを取り付ける事が出来ました。最初期と中期以降と此処の寸法も違うのかな???

          リアーブレーキホースの取り付け

          0

             今日のレストア時間は少なく2時間しか出来ませんでしたので移動用に暫定に取り付けていた古いリアーストラットを取り外しデフの取り付け準備をしました。ついでにリアーブレーキホースを取り付けて本日終了でした。

            フェールパイプリアー分岐コネクター左右の配管

            0

               フェールパイプリアー分岐コネクター左右の配管に新品のゴムブッシュを取り付けて位置決め確認後取り付けしました。サイドブレーキトンネル内部のリンクブラケット及びワイヤーも取り付け完了。
              全ての取り付けボルトのネジ山には防錆剤、ブラケットの可動部にはグリスを塗っての組み立てです。


              フェール、ブレーキパイプの配管取り付け

              0

                 今日はなんだかんだ一日中ボディーの下を這いまわってフェール、ブレーキパイプの配管取り付けに終始してしまいました。ゴムブッシュも新品にしたいのですが入手出来なかったので仕方なく古いゴムブッシュで組み付けしました。フロントは完了で残るはリアーが分岐コネクターから左右のパイプを取り付けるだけです。しかし下に潜って仰向けでの作業は大変で首がパンパンです。


                移動用にリアストラットを取り付け

                0

                   左側フェンダー、ライトケース、サイドシルのチリ合せを確認左も穴位置等いたるところが修正しないとピッタリ合いそうになりません。ボンネット、ウインカー、フロントアンダー、ドアー全て仮組して確認修正しておかないと後の祭りになりそうです。
                  サイドシル、リアフェンダーの前部等はスポット熔接せねばならない工程に入ったのと仕上げ塗装をお願いしている山麓のダイワボデーの社長さんが此処まで出来ているなら工場に移動して順次仕上げて行きましょうと急遽受け入れてくださる事になったので移動用に購入しておいた240Zジャンクのリアストラット、リアアームを取り付けました。今まで台車の上に乗っていたので高めでしたが降ろした途端、車高が低いのなんのってこんなに低かったかと驚きました。これでフロントを二人で持ち上げれば多少の移動は可能ですのでダイワボデーさんに掛ける迷惑度は少しは軽減出来そうです。
                  明日、雨が降らなければローダーに乗せ移動予定です。





                  アルフィンドラムのブラスト

                  0

                     ボデーへ暫定的にリア足周りを取り付け移動できるようにと購入しておいたスペアリアアクスルのアルフィンドラムをせっかくだからとブラストして綺麗にしました。
                    腐食度合いからして表面の酸化被膜が厚かったのでリューターとサンダーで磨きある程度まで腐食している被膜を落としてからのブラストでしたがそれでも丸一日掛かりました。
                    ブラストしたままでは又腐食するから耐熱シルバーでも塗っておきますか。

                    リア足回り関連写真

                    0

                      カテゴリを作成しました。
                      記事を追加していきますのでお楽しみに。
                      2009年4月25日
                      まずは分解し塗装剥離して錆落としシャフト、テーパーロックピン、ベアリグ、ボルト、ナット、ブレーキパーツ、ショックは全て新品に交換です。


                      2009年5月11日
                      塗装剥離が終了しました。次は隅々までサンダー、リュウタ―、ブラストで錆落としでーす。



                      2009年9月7日 ブラスト後のリアーアーム。
                      圧入してあるゴムブッシュは錆びて固着しているので無理して外すとアームが変形するので鉄鋸でシコシコ切断。古い車はパーツひとつ外すにも大変です。


                      2009年3月10日 アルフィンドラムもブラストして綺麗に


                      完成したリアパーツ写真  新車の時より綺麗になってます。
                      ゴムブッシュはウレタンブッシュにしました。ブレーキシリンダー、シュー、ベアリング関係やショックも新品パーツに交換。防塵の為に後期用ブーツも。


                      アームもピカピカ


                      2009年6月9日
                      ドライブシャフトも塗装剥離(手前)し磨き後(後ろ)ピカピカになりました。
                      このままクリアー塗装も有りかな?
                      その前にオーバーホールしてグリス、ブーツ交換。ジョイントは問題無し。


                      元は黒色ですが下回りが全て黒というのも味気ないないのでシルバー塗装して完成。
                      おかしかったら又黒に塗ればいいさ。