サイドビュー

デフ調整、HIDヘッドライトに変更

0

     久々のブログ更新です。
    走行時にデフ付近からバックラッシュによると思われる異音が感じられるのでRSスタートさんにオーバーホールしての点検調整をお願いしました。
    実走行距離は13万Kmですが親父が大事に乗って無理はしていないので摩耗等は少ないと思っていたのですが念のため分解して測定して頂きました。
    結果、規格が0.15のところ0.16で問題なしとの事でした。
    リア足回りの締め付けが緩いとの事で増し締め、プロペラシャフトのグリース補充、等々の点検調整で完了。減速時のデフのうなりは日産旧車の宿命のようです。
    手を付けていなかったデフ内部の様子も解りこれで一安心です。

    それに今回RSスタートさんに搬送するのに夜間の山道を降りたのですがヘッドライトの暗さに参りました。シールドビームから明るめのH4バルブに交換しておいたのですが怖い位でしたので視認性を確保し安全性を優先してHIDに変更しました。
    昼間でも明らかに明るいこれなら真っ暗な山道でも安心して走行出来そうです

    写真はRSスタートさんのブログより拝借致しました。


    テールライトの曲がり修正

    0

      狭いガレージの中で取り付け遠目で確認していなかったせいで左右の テールライトの曲がりが気になっていたので修正しました。取り付け穴を削る事無くなんとか気にならないレベルに収まりました。
      やはり組み付け後は遠くから眺めて見ないといけません。


      ホーンを取り付け

      0

         今日はスクール車両のタイヤ交換をしたりしてたのでレストアは夕刻よりホーンの取り付けと仮付けしていたラジエターの本締め、ホースの取り付を行いました。


        クーラー配管、取り付け完了

        0

           クーラー配管取り付け、電動ファンもコンデンサーにへばりつかせタイラップバンドで固定、こんな取り付け方でいいのかな?と思いましたが結構しっかり固定されますね。動作は確認済みですが再度室内スイッチでファンが回るか再確認、しっかり回ってくれました。


          クーラーリキッドタンクブラケット改造

          0

            今日は日曜日なので予約が沢山あったのに雨の為すべてキャンセルに、おかげでレストア作業が出来ました。まずは高圧側のアルミパイプの長さが足りないので クーラーリキッドタンク取り付け部のブラケットを右側に移動して配管することにしました。
            ブラケット中央部の左側に出ていたタンク取り付け部ステーを切断して180度右側にして熔接したのが下の写真。これで余裕をもってOUT側のパイプの取り付けOK。IN側のパイプもOKとなりました。
            ボルトオンキットの予定が結構手を入れなければなりませんでした。これも最初期型の定めなのでしょうか?







            クーラー電気系統の配線

            0

               クーラー電気系統の配線をしました。先ず取り説にしたがい2個のリレーを空きナットにボルトセットしてアース、+電源を接続、フアンを接続して動作確認。無事に室内機、ファン共に回ってくれました。
              フロアーに排水ドレンパイプの穴を明けるか迷っています。余り穴を明けたくないからとりあえずは穴を明けずにペットボトルで受けようかな〜どうしよう?


              クーラー配管

              0

                 クーラー室内機に高圧、低圧を配管し断熱テープを巻き付けて元の吊り下げ位置に取り付け。
                フロントコンデンサーにリキッドタンクを取り付けフロントパネルに仮組みして配管状態の確認したところどう見ても高圧側のアルミ配管の全長が足りませんU字に曲げてリキッドタンクに取り付けなければならないのに曲げる余裕が無い。リキッドタンクの位置を変えなければ駄目そうです。



                クーラー室内機後部ブラケット取り付け

                0

                   この所、業務多忙でレストアが停滞気味でしたがヒーターブロアー横のブラケットの5mmタップ穴とクーラー室内機後部とを吊り下げ金具で接続、どうにかしっかり固定が出来ました。


                  クーラー室内機を仮止め

                  0

                     クーラー室内機吊り下げブラケットが14mmも幅が広く止められる状態では無かったので切断して12mm詰め熔接し直ししてダッシュ下に取り付け状態確認のため仮止めしてみました。
                    取り付けてみると足元スペースが非常に狭くなり取り付け作業も取り付け段取り、作業順序を良く確認して行わないと大変な事になりそうです。しかし、70年台のレトロ感がたっぷり漂いますね。

                    クーラー配管用穴明け

                    0

                      ときがわ町雨量650mmと連日の大雨情報がテレビニュースで流れていますがまさにレストアしているスクールガレージは大雨の中心部なので崖崩れが心配です。普段は水が流れていない沢が谷川となってものすごい水量が流れています。
                      パラスクールはこの雨で開店休業ですのでショップの大掃除、レイアウト変更等大改修をしていたためレストアが後回しとなっていましたが今日は午後から クーラー配管用の30φ穴を2箇所あけ、錆止め塗装をしました。明日も雨予報なのでショップの仕事をし終えたらクーラー室内機を吊り下げられると良いのだが。